健将グループお役立ち文庫

はじめに

私たちは、健康への奉仕者 信頼と感謝の心で幸福つくり、を経営理念に掲げジェネリック医薬品を病院へ卸す事を生業とて1968年より事業が始まりました。
病院に薬を納める傍ら、薬で治る人と治らない人がいます。
病気の原因も100人に共通する原因と100人異なる原因と多岐に渡り、本人以外に解らないことも多くあろうと思います。幸せな人生は自らの手で勝ち取るしか道はなく、健康への自立に少しでも役立てる情報を提供し、皆様のお役に立てれば幸いです。
薬と健康食品は対立するものではなく、相互補完的に用いるものと考え、病んでいるときには薬を、また薬を出来るだけ飲まなくてすむ健康な体にと願って健康食品をお勧めしています。
薬と健康食品、これら双方に精通しているからこそ出来る、安全、安心の受診や、サプリメントの選択に役立つアドバイスをさせていただければと願っております。
「食は命」という観点から野菜や穀物の命ある食べ物をミネラルや微量元素をテーマに、取り上げると同時に、腸内環境と農業の土壌環境を比べ考えます。

植物も土が悪くなり、根っこが弱ると枝葉が枯れて、さまざまな病気になります。
人間も同じです。食べ物が悪くなり、腸が弱ると、根腐れを起こし、人間本来持っている健康が損なわれてしまいます。
弊社の開発したサプリメントは、はやりものには一切触れずに、ただ一筋に、生きた微生物の力を借りておなかという大地を耕し、必要な栄養素を補い、根本から体質改善することを目的に作っております。
決して派手ではありませんが、健康の王道を構築し、真の輝きを取り戻していただければと願っております。

 

(株)健将グループ 代表取締役 箕浦 将昭